ハッピーメールのリアル口コミ情報

出会い系サイトの中でもかなり有名なハッピーメール。ただ有名になればなるほど業者なども入り込んできて荒らされるというのも出会い系サイト業界の真実。果たして今でもハッピーメールは出会えるのか。色々な口コミ情報を集めてハッピーメールの現状をレビューしたいと思います。まずはこんな口コミ情報からどうぞ。

≪ハッピーメール体験談・34歳埼玉県男性≫
ハッピーメール経由で知り合った真由ちゃんと今回は3回目のエッチです。夜だったんですが長く時間が取れそうになかったので近くのホテルを利用することにしました。これまでと同じく、真由ちゃんの家の近くまでお迎えするところからスタート。いつもの場所で車を停めて待っていると、髪を濡らした彼女が出てきた。この前とは違うワンピースで可愛いなぁと思いつつ見ていると、車を見つけて笑顔で走って来て乗りました。そして5分もしない距離にあるラブホにチェックインする。このラブホは2階へ上がるロフトタイプのお部屋と戸建タイプの2種類があるつくりになっているんですよね。この前は戸建で一番奥の部屋にしたんですが、あいにく在室中だったのでその隣の戸建に入ることにしました。中に入ってみると隣とは内装が違いました。大きな鏡がベッド横にドーンとあるのは何か凄くよかったですね。部屋に入っていつも通りビールを注いで乾杯する。彼女がいっぱい飲むので今日もたくさん用意してあげてました。飲みながら話し始めたときにフロントから電話があった。前金でお願いします。とのこと。この前は部屋まで取りに来てたんですが、今日は来る気配がないなと思っていて、横を見てみると、なんと懐かしいシューターがありましたよ。これは懐かしかったですねぇ。まだこんなのでやってるんだなぁと思いましたね。久しぶりのシューターにワクワクしちゃいましたよ(笑)お金を入れてスイッチをオンにすると、シュー、スポッ、といきました。しばらくして中に領収書の入ったカプセルが送り返されてきました。いいですよね~このシステム。そして椅子に座って飲みながら楽しく会話を続行。少し経ってから彼女の太腿をさすり始めました。ワンピの裾近くに手が言った時、彼女が押えました。「履いてないんだから~、恥ずかしいよっ」とのこと。よく見てみると黒いのが見え見えになってる。そしてブラも付けてないみたいだ。ボーダーの柄に気を取られてました。よく見ると凄く薄いワンピース1枚しか来ていない状態だったんです。「これしか着てないの?これでよく外出してきたねぇ。」「だってすぐ車に乗るし、車から下りるのはラブホだけだもん」すごい恰好だなぁと服の上からブラの無いおっぱいを揉んでワンピの裾を両手でたくし上げて丸見えにしちゃいました。「いいこと思いついた。もっと浅く腰掛けてみて」彼女に椅子の前まで腰を出させてそのまま背もたれに倒し両脚を上げちゃいます。もの凄くいやらしい格好になった。そしてアソコをむしゃぶりついて舐めまくって15分くらい経った時、「あたしも舐めたいよ~」と言ってきました。なのでベッドに移って舐めっこ競争となりました。どちらが早くイカせるか、みたいな感じで。めちゃくちゃ上手いフェラテクに何度もイキそうになりながらも何とか耐えて、彼女を後ろに向かせたまま騎乗位状態で入れさせました。そしてこれまた超お気に入りのエロい撞木反り。今回は大きい鏡だったので入れている部分が本当に良く見えます。鏡の方を向きながら撞木反りをすると、これがエロくて凄かったです。「嫌だ~、すごくはずかしいよ。」その言葉にも燃えてきて、激しく突きまくって大量の射精にいたりました。そしてシャワーを浴び、椅子に座って飲みを再開します。少し話していると、話の内容が緊縛の話題になりました。道具とか縄とか持ってきてるよ、と言うと、「えっそうなの!縛られてみたい~」と言うのです。麻縄も持っていたんですが、最初は慣れてないだろうと黒いSMロープを出しました。これはその辺のアダルトDVDショップのお店で売っている20mのやつを半分に切ったやつなんです。少しくらい痕が付いてもいい と言う事なので、腕からしっかりと縛ってあげました。縛り方は高手小手胸縛りというやつですね。きっちりと縛られて抵抗出来なくなった彼女を見て完全にエロスイッチが入ってしまいました。縛ったまま胸を揉みしだきまくります。そこから股縄もかけてあげて鏡の前に立たせて、クイクイっと引っ張りながら言葉責めをします。しばらく鏡越しに弄んだあとは、ベッドに押し倒し挿入。身動き出来ない彼女にのしかかりながら犯している気分で突きまくりました。あまりの興奮に今回もすぐにイッちゃいました。やっぱり縛った状態でするのは興奮度合いが凄いです。あとで聞いてみると「なんだかいつもと違うよね。Sの言葉使いになってたよ(笑)」と言ってました。かなり気にいってくれたようで、また会う約束をして帰りました。今度は本格的にやっちゃおっかなぁ~とたくらんでいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ